「明日からやってみようかな♪」と思えるSF流シンプル面談 No.1 諏訪太郎

「お父さん大っ嫌い!」から学んだ
コミュニケーションの極意

「お父さんなんか大っ嫌い!!」

これが、世間でいう反抗期というものでしょうか?
私には4歳の娘がいます。
4歳の娘からこの言葉を言われると、正直ショックですよね。
しかも最近は、私が注意しているのではなく、母親が娘を注意していても「お父さん大っ嫌い」と言われるんです。
「いや、お父さん何も言ってないし」と思いながらも、娘の八つ当たりのたびに、お父さん(私)は心の中で傷ついているんですね。娘を持つ世の中のお父さん、こんな経験はありませんか?

でも、「お父さんなんか大っ嫌い!」と言う言葉は、実は娘からのプレゼントだったんです。
それに気が付くまでには時間がかかりました。
でも、それに気が付くと、私のコミュニケーションの取り方は大きく変わりました。
家族、友達、職場でと、日常のコミュニケーションが大きく変わったのです。
娘からのプレゼントとは、どんなプレゼントだったのでしょうか?

「お父さんなんか大っ嫌い!」

私が娘からこの言葉を言われるのは、たいてい私か妻が娘を注意した時です。
私たちだって、好きで注意しているわけではありません。
出来れば注意なんかしたくない。
でも、親ですから「駄目なことは駄目」ときちんと伝えなければいけません。
娘を思って注意しているのに、「お父さんなんか大っ嫌い!」って言われると、私も悲しくなるわけです。

だから、初めのうちは、「そんなことをいう子は、お父さんも嫌いだよ!」と娘に言ってしまっていました。
でも、この言葉を私が言うと、娘がすごく悲しそうな顔をするんです。
そんな娘の悲しそうな顔を見るのが、父親としては何よりも苦痛でしたし、「なんでこんなこと言っちゃったんだろう」と毎回後悔していました。
だから娘を注意した後に、娘に悲しい顔をさせないためにはどうしたらいいかと考えていました。

色々と考えている中で、気が付いたことがあります。
私は娘のことは大好きなんです。
なのに、娘に対し「お父さんも嫌いだよ」と言ってしまっている。
ここに違和感を感じました。
「お父さんなんか大っ嫌い!」という一言だけにフォーカスして「お父さんも嫌いだよ」と言うのではなく、「大好きだから注意するんだよ」とそもそもの目的に沿って答えたらいいんじゃないかと思ったんです。

そのことに気が付いて私の娘に対する返答は大きく変わりました。
その返答に変えたとたんに、娘が悲しい顔をすることもなくなりました。
親としてきちんと注意が出来て、尚且つ、すぐに娘が笑顔になる。
たった一言変えるだけで、娘と関係は大きく変わりました。
「お父さんなんか大っ嫌い」と言われた後、私が娘に対して何と言ったのか?

「お父さんも大嫌い」と言っていたのを、「お父さんは大好き」と言うようにしました。

「お父さんなんか大っ嫌い」
「お父さんはゆずが大好きだよ!」
「お父さんなんか大っ嫌い!」
「お父さんはゆずが大好きだよ!」
「お父さんなんか大っ嫌い!」
「お父さんはゆずが大好きだよ!」

3回ぐらい繰り返すと、娘が「クスッ」て笑い出します。
それで、この件はおしまい。

私も娘の悲しい顔を見ないで注意が出来るようになり、娘を注意することが重荷にならず、きちんと注意できるようになりました。
始めにこの経験は娘からのプレゼントだと言いました。
まさに娘は、コミュケーションを取るうえで、大切なことを教えてくれたなと思っています。

それは「相手の幸せを考えて」コミュニケーションをとることです。
ソリューションフォーカスやコーチングなど、コミュニケーションの手法は色々とあります。
それぞれに色々な考え方やテクニックがります。
でも、考え方やテクニックの前に一番重要なことは「相手とのコミュニケーションの基盤」となる「相手の幸せを考える」ことだと思うんです。

こちらが率先して、相手の幸せを考えてコミュニケーションをとることで、相手との信頼関係が出来る。
相手との信頼関係があるからこそ、効果的なテクニックが活きてくる。
何よりも、相手のことを考えることが一番大切なことを学びました。
もし、最近上手にコミュニケーションが取れないなと感じているとしたら、自分にコミュケーションのベクトルが向いているかもしれません。
自分に向いているベクトルを相手に向けることで、相手とのコミュケーションは大きく変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA