快く生きる日々 No.4 渡辺照子

「あるものをいかす生き方」

 テレビを観ていたら、スウェーデンの建築家アンナ・シャンベルという女性が、レポーターみたいな方とやり取りしていた。

 レポーター:「あなたは、既にあるもの、元々そこにあったものを活かすんですね。あまり手を加えないで。」

 アンナ:「ええ、最小限のことをして最大限のものを引き出すのが、よい建築家だと思います。(中略)これが現実だとあきらめるのではなく、理想の現実をつくりだす。建築家はその手助けができます。人々が抱える問題を、家のデザインを通して解決します。」

 山のふもとの農場の跡地にある古い廃屋を改修し、開放感たっぷりのアンナの家が映像で紹介された。廃屋の天井に空いていた大きな穴をそのまま生かして太陽が降り注ぐ天窓を設け、自然に溶け込んで家族皆がおおらかに暮らす素敵な家と暮らしぶりが紹介されていた。

 ソリューションフォーカスでも、「既にあるものをいかす」というのは、大切にされている捉え方であり、考え方であると思っている。私は、この「既にあるものをいかす」っていう考え方が大好きだ。私は普段は、コーチングのコーチをやっているのだが、コーチングの私のやりかたにも応用しているし、クライアントさんがより前進したり、解決を得たり達成するために、この考え方を共有したりもしている。

 ところで、「あるものをいかす」ことの良さって、どんなところにあるのだろう?

 先日クライアントさんが私に送ってきてくれたメールをご本人の許可を得て、一部ご紹介する。「渡辺さん、こんにちは😃。前回からの進捗報告です。ヨガの先生に修了証がもらえる講座情報お伺いメールした。(中略)自分で講座情報を調べた。候補が見つかったが、はたと気づいた。ヨガの先生になるのが目的でなく、動き出す元気を出すためにヨガプログラムをしようとしていたと。そこに力を入れすぎてどうする?今の私でもできるかも!周囲に、❝かつてしていたヨガのプログラムをしようと思っている❞と発信中!仕事に追われている昼休みです。」

 と、このメールから、既にそれが自分の中にある・身近にあると感じられて、安心感や余裕が生まれ、より行動的になっているのがわかる。忙しい昼休みの寸暇を縫って、私にメールするという行動までも起きているのだ。

 自己体験としても、こんなことがある。「コミュニケーションをより良くして、日々を楽しく」的な内容の講演をしに行くことが度々あるのだが、ある時連日忙しくて、その日の講演に行くための準備が7割までしか整っていなかった。じっくり腰を据えて準備する余裕は既にない。気持ちが焦る。空回りする。そんな時に、セルフトークが始まる。「おい自分、同じような講演を今まで何度となくやってきたじゃないの。今準備が完璧でなくとも、これまでやってきて積み重ねてきたものが、今日を上手く運んでくれるよ。心配しなさんな。」・・このように思えた途端、肝が据わりというか、腹が決まって、体の重心は、すーっと下へ下がっていく。

 「あるものをいかすのだ」と思えると、それの前と、そう意識できた後とでは、天と地ほどの心模様に大きな違いが生じる気がしている。前後の大きな違い・・・このことを思うと、とあるエピソードが思い出される。

 今は成人した長男が幼少の頃、空手を習っていた。近くに住む同級生のお母さん(Nさん)と、交代で練習場への送迎をしていた。自宅から、公道まで20メートルくらいあって、そこまで出て息子と二人で待っている。いつもの約束の時間になってもNさんがやってこない。刻々と時間は過ぎていっている。私はそわそわする。当時は携帯電話もなくて、「ねえ、Nさん遅いね。どうしたのかな? 家に戻って電話してくるから、ここで待ってて。」といって、家の方へ向かおうとしたら、息子が言った。「お母さん、信じようよ! 」。この言葉を言われて、一瞬私は固まった。幼いわが子からこんな風に言われるとは思ってもいなかった。でも、その直後この言葉を受け止めて、❝息子の言う通り信じよう!❞と思えてそうしてみた。するとどうでしょう~?! さっきまでのそわそわした感覚は全くなくなり、ドシンと落ち着いた気持で、Nさん親子の到着を待つことができ、待つ間の息子との時間も味わえた気がするし、やってきたNさんをニュートラルに受け入れ、息子を託し送り出すことができたのだ。この時の前後の違いは、あるものをいかせたと思えたときの違いと、とても近いものがあった。

 上記の体験から、私の中では、「信じること」は、「あるものをいかす」という意味を包含しているという風に捉えるようになった。自分の中で、信じることができれば、あるいは、信じる度合いを高められれば、あるものをいかしたときに伴う、安心感や余裕を享受でき、楽しさや幸福な瞬間を暮らしていくことに繋げることができる。

 この場合の「信じる」とは、さっきのエピソードで言うなら、「Nさん」という対象を信じるというよりは、「Nさんがやってくるということを信じる自分を信じる」みたいなことをさしている。信じるための条件は必要なく、❝自分の中で信じると決めること❞。ただそれだけ。信じる自分を信じられると、おのずと自分に対する自分へのまなざしが、優しくなるようにも思えるし、同時に自分の中の堂々とした何かを、自分の中心に据えることができるのだ。

 こじつけかもしれないが、信じるという、あるものをいかす姿勢は、冒頭のアンナの言葉、「これが現実だとあきらめるのではなく、理想の現実をつくりだす。」というところにも繋がってきて、日々のご機嫌度は格段に増す気がする。❝信じることは、日々を生きることの解決である❞・・・こう言ってしまったらちょっと言い過ぎかな。

快く生きる日々 No.4 渡辺照子” に対して1件のコメントがあります。

  1. 谷奥勝美 より:

    渡辺さんへ

     今回はちょっと肩に力が入ってましたね、笑
    でもそういう渡辺さんらしいタッチの表現がとても好きです。
    どことなく哲学的でもあり、青木先生が内科だとすれば渡辺さんは外科的に
    物事を進めるって感じかな。(全く個人的なイメージなので根拠はありません。深く追求しないでくださいね!)
     4つのエピソードの共通点は、すでに自分の中に備わっている”もの”に気付くという
    ことでしょうか。ふとした何気ないきっかけで気づくこともあるっだろうし、執着の心が
    先に立つとなかなか気が付かないことだってありますよね。そんなときには第三者の目も
    大切になってきます。4つのエピソードの場合、Nさんには渡辺先生であり、親子には
    お子さんであったり、自分自身であったのかもしれません。

     僕はある日のSFinsideDayに参加したときに確信したことがあります。
    それは、「答えは自分自身の中にある」ということでした。
    ある方とお話ししている中でその方の悩みの答えは僕の中ではなくその方の中に
    きちっとありました。でもその答えに気付いていないのか、自身がないのかという状況で
    心が迷っていたのだと思いました。そんなことは僕の日常でもいくらでもあります。
    でもそんなときに、自分の中にある”もの”に気付かせてくれる「きっかけ」「場」「人」の
    存在がとっても大切だと思っています。

     もう一つSFに交わる経験ですが、上記のような意味で僕にとって「SF実践コース」は
    自分の中にあるものを磨いてくれる良き「場」であり道場でありました。ある意味強制的に
    あのような鍛錬の場に入ることによって、”もの”を発見でき、見つめなおし、より強くする
    ことができたのではないかと思います。良き仲間と過ごせた時間も大切な宝物ですね。

     コラム冒頭のアンナとレポーターの会話にある
    「最小限のことをして最大限のものを引き出す」ということにも通じると思いますし、
    「これが現実だとあきらめるのではなく、理想の現実をつくりだす」という新しい視点の
    発見にも発展していく可能性があると思いました。
     実際、このような簡単な?言葉ですが、たくさん実績の積み上げのの結果なんでしょうね。
    SFの「既にあるものをいかす」という言葉も同じではないでしょうか。

     すいません、あまりのもコラムが高尚すぎて頭脳がフリーズしてしまいそうです、笑
    もう少し考えてみますね。楽しいテーマをありがとうございました。 つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA