ソリューションフォーカスNEWS 10月22日号

「SFマネジャー解体新書」:諏訪が小林に聞きたいこと

こんにちは。ソリューションフォーカスの青木安輝です。

今日のニュースはSF実践者ブログ執筆陣の一人である渡辺照子さんから「SFマネジャー解体新書」の内容の一部を案内していただきます。

—————————————————————–

皆さん、私はSF実践者ブログを書いている4人の内のひとり渡辺照子です。いつも読んでいただきありがとうございます。

私は「SFマネジャー解体新書」オンラインワークショップでは、司会を務めます。今日は、諏訪さんが小林シンイチロウさんに何を尋ねるのかご紹介します。

諏訪さんが訊きたいと関心を持っていらっしゃるのは、下記の2つのブログ記事に関してです。

1.No.2 「『うまくやれてる』を引き出す部下育成」

2.No.3 「本人が大切にしていること・関心ごとを中心に

       据えたマネジメント」

No.2に関しての質問は以下の2つ:

①小林さんは、同じ相手に、同じことを、できるようになるまで関わった。しかも、重要な仕事を任せた。そこにはどんな決心や気持ちがあったのか?
②リモートワークの方法で、小林さんとAさんが、お互いがアクセスはしているのだけれど、それぞれ違う仕事をするという形をとったら、Aさんは自分で仕事ができるようになってしまった。そこに至った過程や理由や状況をもう少し詳しくきかせて欲しい。

No.3に関しての質問は以下の2つ:

①経験があって個人の世界観を持っている(こだわりを持っている)部下を戦力とするポイントとは?
②「部下の本音を聞き出す会話」、Kさんの想いを聞き出すところ、もう少し詳しくきかせて~!

・・・とのことです。

私からすると、小林さんも諏訪さんもマジシャンみたいなマネージャーさんです。つまり諏訪さん自身がマジシャンみたいなマネージャーなんですが、その諏訪さんが、小林シンイチロウさんのマジシャンぶりを詳しく掘り起こそうとしてくれるようです。

実際のところ、お二人がやっていることはマジックではなく、そこには実際に関わった・行った事実が存在しているわけです。現場でどのような考えで、気持ちで、どのようになさっているのか、当日は、司会であることを忘れて、お二人の話にのめり込みそうな気がしています。

是非、ご一緒しませんか?!

11月6日土曜日の午後8時開始、参加費無料です。プログラム案内をご覧になった上で、奮ってお申し込みください!

◆「SFマネジャー解体新書」プログラム案内:

◆小林さんと諏訪さんの記事はこちらですべて読めます:

↓↓ 過去のブログ記事一覧 ↓↓

https://sf-academia.jp/therealblog/

◆参加お申込はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA