神奈川県 相模原市役所

2005年、ZACROS(藤森工業)研究所で青木先生から『ソリューションフォーカスとは何か』の説明を受けた。(企業活動への効用は未知数だが 活用できそうとの感触)

2008年、SF基礎コースZACROS名張事業所開催を主導。結果、テーマ解決やコミニュケーションの向上に努めたい・開催の継続の意見があった。

同年、SF実践コースをZACROS名張事業所の部下とともに受講。実践結果をJ‐SOL2で紹介。その後、受講した部下が、ZACROSの他の事業所に出向いて活動を紹介したり、名張市教員委員会、名張市役所、伊賀市教育委員会、名張市ものづくり協会、名張市の高校等で活動紹介を行った。(紹介する中で、自分たちの活動が社外から承認されることで、活動が活性化するという相乗効果となった)

以後ZACROSでの活動を毎年J‐SOLで発表し続けている。経営からのトップダウンではなく、自然発生的に社内外に浸透し、そのことを経営が追認し全社的な取り組みに発展するという稀な形をとった。

SFを技(スキルのひとつ)と考え、市役所勤務となってからも、基本に立ち返って、少しずつ磨き続けている。

顧客(住民)の不満足度をメンテすることから、視点を変え、満足度を上げ、イノベーションを起こすことへの強力なエンジンのひとつがSFと感じている。

【略歴】

1950年北海道生まれ 一卵性双生児

ZACROS 生産技術部長を5年間、この間設備システム設計PJマネ、医薬包装工場建設室長等を歴任。

ZACROS 名張事業所長、三重事業所長、を13年間(単身赴任)

2018年ZACROS名張事業所長を退任し退職

2019年神奈川県相模原市役所教育委員会、事務職員(任期付き職員)として現在に至る(公共の仕事を経験したかった)

【メーリングリストに期待すること】

SFの活用について共有化したい。具体的には小さなことでも、事例紹介し合いたい。