東京都 杉並区区役所

杉並区区役所で生活保護の仕事をしています。ケースワーカーは21年、査察指導は4年目です。ケースワーカーをやめると、現場から離れたね、とよく言われますが、現在は8人のケースワーカーのカウンセラーをしている気分で、毎日現場、真っ只中です。

ソリューションフォーカスは、修士論文を書くためのネタとして勉強し始めたのが始まりで、もう10年以上のお付き合いです。初めは、そういったスケベ心で始めたのですが、sfを学ぶ人たちと出会い、sf病に感染しました。専門家としていろいろなことを解決しなければならない、と思っていた自分にとって、ご本人が解決の専門家である、という考えはちょっと衝撃的で、また自分を楽にしてくれました。現在では、援助の技法としてのsfではなく、自分を楽にしてくれる方法としてsf的考えを取り入れていきたいと、思っています。

sfを学ぶ人と話すことは楽しく、多くのsfに関わる人と出会いたいと、思います。