SF伝道者の四方山話 No.1  青木安輝

SFはJAZZ!?: 95%の即興と5%の構造

このブログシリーズの第一号記事なので、少し長くなりますが、僕がこのブログを始めたいと思ったきっかけのエピソードとそこから考察したことを書いてみます。

目次

「あれ、このメモ何だっけ?」

「SF伝道者として『ひっかかって』いたこと」

「シンプルでミニマル(最小限)だから良い!」

「95%の多様な個性表出を面白がりながら、5%の軸を確認する」

「あれ、このメモ何だっけ?」

昨年の秋のことですが、古いノートを整理処分していたら「Jazz = 95% impro. 5% structure」というメモが目に飛び込んできました。前後に他に何も書き記されていなくて、ただの断片だったのですが、なんだかとても気になりました。数秒後、これは確か2013年頃に英国のチェルトナムという街でAlex Steeleさん(*)が開催した「SF & JAZZ」というユニークなセミナーの中で聴いた言葉だったはず、と記憶が蘇りました。しかし彼がどんな文脈でその意味を説明したのか、自分がそのメモをどんな感慨や洞察をもって記したのかはまったく思い出せませんでした・・・。ところが、しばらくこのメモを眺めている内に「そういうことか!」とひらめくものがありました。

 (*)Alex Steeleさんは、SF理論家のMark McKergow博士の友人で、ジャズ・ピアニスト&SF組織コンサルタント。

その“ひらめき”とこのメモの意味合いの関係が正しいかどうかを確かめるべく、AlexにZOOMでおしゃべりしたいと連絡したところ、彼は喜んで応じてくれました。そして「JAZZ演奏においては、5%があらかじめ共有された約束事(構造)で、あとの95%は自由な即興である」という彼の説明を確認しました。5%というのはデータや計算に基づいた数値ではなく、そのくらい少ないということを強調するために彼が”即興“で言った数字だということが確認できました。

「SF伝道者として『ひっかかって』いたこと」

実はこのメモからの“ひらめき”によって僕は救われた感覚がありました。SF伝道者としてずっとひっかかっていたことが、自分の中でスッと溶け始めたのです。

そのひっかかりとは、講師としてSFに関する一般論的説明はうまくできたとしても、個別の状況における応用法は具体的条件等が様々に異なるので自分で考えてくださいと“お願いするしかない”という微妙なうしろめたさでした。コミュニケーションのパターンを類型化して、Aの場合はXをすれば良い、Bの場合はYをすれば良いと処方箋をいくつか並べることは可能です。しかし、自分がその類のものを見るときに感じるのは、「ここに書かれてない条件が色々あるのに、無理やりどれかにあてはめろと言われてもなぁ・・・」というある種の切り捨てられ感でしたから、あまりそういう方向に行きたくないと思っていました。

もちろん類型化が役立つこともあるし、1on1など条件をかなり想定しやすい場面に限ってみれば余計にそうでしょう。しかし、僕は製造業とかコーチングとか業種や形態が明確に分類可能な専門分野をもっていないので、SFコミュニケーション応用場面を類型化しようと思うと、想い浮かぶ領域が多岐に渡り過ぎて焦点が絞れず、結果として自分で類型化することはあきらめました。で、多くのSF実践者の皆さんの実例を紹介することにしました。そして、「これらの中から参考になるものを見つけてください」という戦略を取ったのです。

だから僕のSFセミナーで伝えることは、とてもシンプルな基本理論と他の皆さんから集めた実践事例です。それは有効なやり方でしたが、SF伝道者としてはこの理論部分をさらに精緻なものに進化させて、それを適用するだけであらゆる場面が解決につながる完璧なものにする責任があるのではないかという強迫観念が、いつも頭の片隅に巣食っていました。

「シンプルでミニマル(最小限)だから良い!」

ところが、この「Jazz = 95% impro. 5% structure」というメモを眺めていた時に、「!」とひらめいたのは、「むしろそういう精緻化を試みずにシンプルなままにしておいたからこそ多くのSF実践者の素敵な“即興演奏”が生み出されたのではないか」という発想でした。Jazzの場合は、約束事が5%と最小限であるが故に、演奏者の能力と音楽センスがそれに乗って自由に活かされるわけです。ソリューションフォーカスの場合は、シンプルなコミュニケーション・テンプレート(型)が提示され、SF実践者がその型に合わせて思考法や人間関係をとらえ直す時に、それまでの人生経験や個性が総動員される形で活かされます。素晴らしいSF活用事例を発表された方にインタビューすると、最初は「青木さんの本に書いてあった通りにやっただけですよ」なんて言ってくれる場合でも、よくよく話を聞くと、確かに本に書いてあることを枠組みとして活かしているけど、その中身を埋めている95%は例外なく本人の人生経験から学んだ知恵と、もともと持っているセンスであることが判明します。

では、SFの「重要度」や「貢献度」は5%しかないのか?いいえ、そんなことはありません。Jazzプレーヤーがいくら演奏能力とセンスがあっても、一緒に演奏する人との約束事なしに音を出したらただの独りよがりですよね。「キーはFね」とか「テーマメロディはこれで」とか「リズムはこんな感じで」と確認するのは、ほんの短い時間ですが、それによって各人の個性的で自由な演奏が可能になります。コミュニケーションにおいても、ただ自由に話すだけではなかなか目的を達成しないかもしれませんが、「ここはソリューションフォーカスでいこう」と決めて、最小限のポイントを自覚することで方針が決まるので、言葉選びや声のトーンやその他具体的なやり方の部分はそれに則って安心感をもって個性的に表出することができます。その「土台がある」という安心感が貢献する度合いが高いからこそ、目的に向けて自分や関係者のリソースを効果的に引き出し活用する工夫がしやすくなると考えるとスッキリしました。「ひっかかり」解消です。

「95%の多様な個性表出を味わいつつ、5%の軸を確認する」

上記のように機能するための約束事(構造)は、厳密なものになり過ぎては自由度がなくなり、多様な人の個性を発揮させる土台にはなり得ません。状況に応じて色々な解釈を許す懐の広さを持ちながらも、ある方向を指し示す軸の太さみたいなものが必要です。SFはコミュニケーションの5%だけど、それがあることであとの95%が効果的に活かされる可能性を高める。そう考えると、セミナーで教えられることはコミュニケーションの5%の軸の部分だけ。だからあとの95%は自分にとってしっくりくるやり方で“勝手に”工夫して変えてよい。そう考えて色々試す人が増えるといいなあと思っています。そして、自分なりのSFがうまく機能したと思うことがあったら、その実践体験をシェアし合うことで学び合って、さらに「自由度は高く軸は太いSF」が各人の中に定着していく。そんなSFコミュニティーがこのブログとそのコメント欄を通じてできていくことを願っています。

もしかすると、この記事の中に書いたことは「青木さん、前から同じこと言ってましたよ」と思う方もいると思います。確かに以前書いた文章を見ると似たことを書いています。だけどね・・・同じセリフを言う時の息の深さが違うんですよ(笑)。

さて、このブログシリーズでは、これから4名の執筆者がそれぞれの個性とセンスでSF実践にまつわる自分の体験や想いについて書いていきます。多分95%の方が目立つでしょう。皆さんは、ぜひそこから5%の構造(軸)を見つけてください。そしてそれを自分なりに解釈して応用してください。そんな類のコメントがいただけたら、もう最高です!

「あなたの言ってることはよくわからない」「私は違うと思う」、そんなコメントももちろんありです。SF的であるかよりも、実感と本音を大事にしてください。ぜひ皆さんと交流する場としてのブログにしたいと思っていますので、お気軽にコメントしてください。よろしくお願いしま~す♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA